薬剤師のdi業務はどのような人に向いている求人なのか

di業務とは、医薬品の情報を収集することで医療現場で働くスタッフや、患者さんの服薬をサポートする専門の薬剤師の仕事を指します。調剤などをメインに行う薬剤師とはまた一線を画す仕事ですが、どのようなやりがいや魅力があるのでしょうか。

この記事では、di業務を行う薬剤師の求人に興味がある方に役立つ情報を紹介します。

合わせて読む:薬剤師の求人を世田谷区で探しているなら

di業務はどのような仕事なのか

di業務とは、drag information業務の略称であり、文字通り医薬品の情報を収集する業務のことを指し、主に製薬会社や薬剤販売企業に勤めて医薬品情報に関連した業務を行います。医薬品は日々新しいものが登場しているので、その情報を医療現場に提供するために情報収集と医薬品情報のアップデートがdi業務でも特に重要です。

それだけでなく既存の薬剤であっても事故情報や適応症の拡大など、医療現場や研究領域から新しい情報が届くとそれを収集し医薬品情報に反映することもdi業務の大切な仕事です。di業務は製薬会社や薬剤を販売する企業において、情報共有を進めていくために非常に重要な業務であると言えるでしょう。

医薬品情報を最新のものにアップデートするdi業務は、医療関係者が安全に薬剤を使用するために欠かせないものです。電子カルテには薬剤の情報を確認できる機能があるため、医療関係者はdi業務によってアップデートされた医薬品情報をすぐに確認することが出来ます。

重大な事故が起こった薬剤に関してはメモ書きという形で情報を貼付することで、医療者に注意を促すことが出来るため、重大な事故を防ぐためにもdi情報を更新することは安全に医療を行っていくために非常に重要なことなのです。

また、医薬品の情報を提供することもあります。現代医療では、患者さんが納得した上で医療を受けることがスタンダードになっているため、医師は使用する薬剤について効果や副作用などを患者さんに説明することも少なくありません。

そこで薬剤に関する事故情報などのリスク情報を患者さんから求められた場合には、di業務によって収集された最新の情報を患者さんに提供することになります。どのようなリスクのある薬剤なのかということが分かれば、患者さんも安心して医療を受けられるはずです。

di業務で収集された正確な医薬品情報を医療現場に伝えることで、患者さんの安心にも繋がるのです。

di業務に向いている人の特徴

調剤をメインに行う一般的な薬剤師としての業務とは一線を画すdi業務は、たくさんの情報を論文やレポートから集め、その信憑性や重要性を評価することがメインの業務です。

そのため、日々更新される薬剤の情報を集めていく業務に対して、前向きな姿勢で取り組んでいける人に向いている業務であると言えるでしょう。

医療現場から届くレポートなどは毎日何十通ということも少なくないため、日々ひとつひとつのレポートに向き合うだけの根気強さが求められる仕事だと言えます。論文も数多くリリースされていますが、それを読みどのくらい信用できる情報なのかを整理することの出来る、統計分野への強さも持ち併せているといいでしょう。

また、di業務は医療者と積極的にコミュニケーションを取っていかなければならない仕事でもあります。医療現場からはどのような状況で、どのような事故が起こったのか、という詳細な情報を集める必要があり、そういったヒアリングをしっかりと行うためにもコミュニケーション能力は欠かせません。

全ての医療者が閲覧できるdi情報を管理するのですから、そこに書かれている情報は万人に分かりやすいものでなくてはなりません。分かりやすく情報をまとめる文章力もdi業務を行っていく上で欠かせない能力だと言えるので、様々な面でのコミュニケーション能力が求められるのがdi業務だと言えるかもしれません。

di業務の現状と求人

di業務を行う薬剤師は、製薬会社や薬剤販売企業だけでなく、厚生労働省の関連機関や病院などにも勤めています。それぞれの機関で働いているdi業務を担う薬剤師は大抵一人、大きな医療機関や製薬会社だと複数人ということもあります。

また、病院の中には調剤薬剤師と兼務してdi業務を行う薬剤師も少なくはなく、di業務のみをやっていきたいと考えるのであれば受けられる求人はかなり絞られるでしょう。関連リンク→APOPLUS薬剤師:薬剤師求人

di業務は薬剤師の資格さえあれば応募できるのですが、過去にdi業務の経験がある人が優遇される傾向にあるため、di業務初心者は様々な求人を視野に入れなくてはなりません。求人数は決して少なくはありませんが、待遇に関して言えば企業や機関によってまちまちです。

一般の薬剤師程度の待遇で募集をしているところもあれば、企業によっては研究職に準じた好待遇で迎えてくれるところもあります。一般的には製薬会社でのdi業務が待遇が良いとされていますが、病院で調剤をしながらdi業務にも取り組むという働き方をした場合には薬剤師としての給与に加えてdi業務の分だけ手当てを得られるところが多いようです。

di業務を行うメリット

di業務に取り組むことによって得られるのは、薬剤師としてのキャリアアップというメリットです。薬剤師として最新の医療情報に触れ、最新の医療に関する知識を蓄えることになりますので、最先端の医療に関する理解を持った薬剤師として活躍することが出来るようになるでしょう。

また調剤メインの職場に戻ったとしても、di業務で培った薬剤の知識や安全管理のノウハウを利用して、より質の高い医療を患者さんに提供することが出来るようになるはずです。

家庭を持つ薬剤師さんにもオススメなdi業務

di業務のみに従事する薬剤師は原則として夜勤や休日出勤は無く、研究機関や医療機関が動いている平日の日勤帯のみ働くことになります。

パートタイムでの募集をかけている企業や機関もあるくらいですので、薬剤師として最新の医療に触れながらも自分の時間を確保したり、家庭を大切にしながら働くことも可能なのです。

ワークライフバランスを重視しながらキャリアアップを目指す、という薬剤師さんにもdi業務は非常に人気な分野なのです。

di業務は医療の安全に関わる仕事

論文やレポートに触れ、たくさんの医薬品情報に触れるdi業務は医療の安全を守る上で欠かせない大切な仕事です。そんなdi業務は最先端の医療情報に触れる仕事であり、薬剤師としてのキャリアアップにも繋がる仕事であると言えます。

さらに薬剤師としての専門性を高めていきたいと考えているのであれば、di業務に挑戦してみるのがいいのではないでしょうか。